フミヌ雑貨店。


消しゴムはんこ、サクサク作ってます。
by fuminuzakka
プロフィールを見る
画像一覧

産まれました。*:..。o○☆


c0131901_10134280.jpg




お久しぶりの日記です。

とりあえずご報告。

6月23日、午後3時47分、無事第一子を出産いたしました!

+。:.ヽ(喜´∀`)ノ゚+。:.ワーイ♡

2982グラムの男の子!

名前は良河。(りょうが)。よろしくね。




自分の記録がてら、出産日記書いとこうと思います。





6月23日、午前7時35分
トイレに行ったらおしるしが!

とうとうきた!と思って、だんなや親族に連絡。
姉にいざというときは迎えにきてね、と言っておく。

おしるしきたとはいえぜんぜん陣痛ぽいものもなく
あれ?と拍子抜けしつつ
いつきてもおかしくないので
家の掃除や片付けをはじめる。



すると午前9時ごろから
下腹部に生理痛のような感覚がでてきました。
でもぜんぜん痛くない。

もしやこれ陣痛???でもぜんぜんたいしたことないからちがうかな??
とか思いつつ掃除、掃除。




しばらくするとちょっと痛みが増してきたみたいな気が。
ためしに時間を計ってみるときちっと7分おき。

おお~~陣痛ぽいぞ。
でもぜんぜん痛いうちに入らないぞ、こんなもん。
まだまだ余裕で掃除。
もし入院になったらしばらく掃除できないもんねー。

だいぶ痛みが強くなってきた
とはいっても、ぜんぜん普通にすごせるくらい。
ほんまにこれ陣痛やろか?




11時ごろ、おなかすいてきたので
近所のコンビニに食べ物を買いに行く。

コンビニには店員さんひとり、お客さんひとり。
ああ
だれもこんなとこに陣痛中の妊婦がいるなんて思いもしないんやろなぁ。

パン買っておうちにもどり
もそもそ食べながら痛みの間隔を計ってみると
5分おきに!

でもぜんぜん陣痛ぽくないぞ。
前病院で見た「痛みが10分おきになった妊婦さん」を見かけたけど
もっともっとつらそうやった。




ウチも10分おきになったら電話してきてね。と
病院で言われてたのだけど。
まだぜんぜん産まれそうにないけどいちおう電話。

「じゃぁいちおう入院の準備してきてください。」
といわれる。




えー(・ д ・)そんな、今行ったって絶対まだまだやでぇ!

と思ったけど
12時ごろ、姉に電話して迎えに来てもらう。

車の中でイタイで~とかびびらされつつ
病院到着。
診察してみると、子宮口3割ひらいてますよ、とのことで
即入院。

階段とかも普通の速度でひょいひょい上がれるし。
陣痛室でもしばらくは余裕で
痛くなってきたかも~とか言いつつも
冗談ばっか言って笑ってすごす。



30分ほどしたら、なんだか本格的に陣痛ぽい腰の痛みがやってきた。
時間の間隔もすこしづつ縮まってきてる。

出産体験済の姉が
どうしてもらうと楽かわかってるので
頼まずとも腰を押してくれて、これが効く~!痛いのがだいぶ楽になる♪




1時ごろ、ダンナがのんきそうに「どう~?」ってメールしてきた
いたいにきまっとるやないかっっと思いつつ
腰が痛いよ~とかなんとか返信。


カナリ痛みがましてきたころに
「食べられへんやろか~」と
給仕のおばちゃんがわらびもちとお茶を持ってきてくれたけど

無理ーー!!www
ひとくちかふたくち食べてギブ…
陣痛強まってから水分取るの忘れてて
お茶がめっちゃおいしかったのは覚えております。



しばらくうーんうーんとうなってると
どうやら破水したような、尿漏れのような感じが。


ナースコールで報告したけど
あらほんとねー破水してるわ、って言われたけど
まだ早かったのか??分娩室には行かずまだしばらく待機。


このころものすごい眠気がきてて
陣痛の間に目をつぶって休むけど
すぐ痛くなって、しんどかった~。



午後2時ごろ(多分)
そろそろ分娩室にいきましょうかと言われる。




分娩台に寝転んだ瞬間、それまでなかったのに
とつぜんいきみたくなって
でも急すぎたのでパニクってしまい息を吸っていいものやらはいていいものやら
わからなくなってわらわらなってしまった

助産婦さんが「おちついて!おちついて!」って何度も言って
いきむときはクチをとじて目を開けて、って教えてくれた。


最初はうまくいかなかったけど
何度かやってるうちにコツみたいなのがわかってきた。



二度目の破水。
今度はドバーッと。
ちょっとびっくり。



そうしてると
「頭見えてるよ!」と助産婦さん。
そういや骨盤の中になんかでっかいものが引っかかってる感じがする。

おなかを触ってみると
ふくらみが下の方に移動して
上のほうぺったんこ!!



こりゃーもうすぐじゃないですか!!
と思ったらちからがわいてきて
ごいごいいきめた。
助産婦さんの「そうそう、上手」って褒められてテンションもあがる。




助産婦さんがいなくなって副医院長がやってきて
もうすぐですよ、がんばって、って言われて


きてるきてるーうわーこれ裂けるぞ絶対!!って
思った瞬間




ぶりっと=з


出た。







「ほにゃっ」




泣いた。










キタ━━━━━━(o′口`o)━━━━━━━━━







放心…(o′口`o)…





ほにゃぁ、ほにゃぁ、って聞こえた。


おめでとうございます、元気な男の子ですよ。って聞こえた。






チラッと見えた、粘液まみれのちっこい人間。



「お風呂で洗ってくるからね」と助産婦さんがつれていった。




へー・・・

産まれたんや・・・





ぼーーーー・・・・・・








医院長先生が
「寝たらダメよ、会陰さけちゃったの縫うからね。」



は、はい。いかんいかん。







赤ちゃんもどってきた。
「フミヌさんの赤ちゃんですよー」


うまれたて。

c0131901_113417.jpg






よくあるドラマとかみたいに
「会いたかったよ」とか
「生まれてくれてありがとう」とか
気の効いたせりふを言うと良い場面だろうに

フミヌは頭ボンヤリで
「わぁ、わぁ。スゴイ」とかなんとかいってた気がする。




車の付いたベッドに移動して
廊下に出たら
おばーちゃんと叔母さんとダンナママがきてた。


ダンナママが「フミちゃんありがとうね。」と言った
叔母さんは「おつかれさん」と言った
おばあちゃんは何にも言わずに笑ってた



部屋のベッドに移動して
叔母さんが飲み物を買ってきてくれたり
話したりしてた

おばあちゃんが「疲れてるやろからゆっくり休みー」と
気を利かせてくれて皆さん撤収。


夕方5時をすぎたころ
ダンナが仕事終わってから来てくれた



やっぱダンナの顔見たとき一番ほっとした




ダンナママがダンナパパとダンナ姉をつれてもう一度きてくれた
ドーナツ型座布団かってきてくれた



助産婦さんが部屋に赤ちゃんつれてきた



はじめてだっこする自分の赤ちゃん

ちっこい。しわくちゃで顔丸い。
いままでいなかったのに
ぽんととつぜん湧いて出てきたみたいで
でも前々からいたみたいな。

不思議不思議。



だっこして写真撮ったり
いろいろ話したけどあんまり覚えてないなぁ。


だんなのダッコの仕方が危なっかしかったのは覚えておる。w







みんなが帰って
ご飯を食べて

夜寝る前に来てくれたみなさんにお礼のメール。



あぁ疲れた。寝よう。
と思っても興奮してるのか
頭の中にその日の出来事が次々フラッシュバックして寝れない。


とうとう産んだんやなぁ。うち。

おかーさんになったんやなぁ。

人生ってわからんもんやなぁ…


そんなことかんがえつつ、いつのまにか寝てた。






陣痛につきあって腰をおしてくれたお姉ちゃん
かけつけてくれた親戚の皆さん
産院のみなさん
お祝いしてくれた友人知人たち
ダンナサン
みんなありがとう!

そんで
無事生まれてきてくれた良河くん。
どうもありとう。
これからもよろしく。
[PR]
by fuminuzakka | 2009-07-25 11:48 | 日記
カテゴリ
全体
フミヌ雑貨店 プロフィール
消しゴムはんこ
てがみ
日記
ハンドメイド
イベント
未分類
タグ
最新の記事
お知らせ
at 2009-12-04 21:20
ひさびさの消しハンネタですよ..
at 2009-12-01 17:22
首が!首が!!
at 2009-09-29 17:33
‡育児日記‡
at 2009-09-12 12:07
じっと手を見る
at 2009-09-12 09:59
*link*
blog parts
以前の記事
最新のトラックバック
お気に入りブログ
その他のジャンル
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧